中古自動車を購入する時は、事故車を買わないように用

私は以前、愛車だった日産エクストレイル

私は以前、愛車だった日産エクストレイルを中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。インターネットの一括査定サイトを利用しました。査定の時、業者の中で一番高く買い取ってくれた専門業者の人の話によると、意外な事に、買取ってもらった季節が見積額を上げた要因だったそうなんです。

エクストレイルの場合、夏場が需要の高いアウトドア車ですので、買取のタイミングとしては、春から梅雨の時が最も良いタイミングだったそうです。

とても参考になりました。

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は簡単に分けると2種類です。

比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。簡単ですし足(車)がなくて不自由することはありませんが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より引取り額が低くなるのは避けられません。

そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

車を査定に出す時に覚えておきたい幾つかのアドバイスですが、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、次に洗車を済ませ、スムーズな手続きのために必要書類は揃えておくこと、でしょうか。

それからもう一つ、後から一悶着起きることのないように、事故車で修理歴があることなどは隠すことなく話しておくのがお互いのためです。

業者の査定額があまりにも期待外れだったなど、心から納得できない場合はもうそこに売るのはやめ、不満をためることのないようにします。

中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

そしてもうひとつは、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

そこでは車は部品の集合として扱われ、パーツごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。

訳ありの車、例えば事故を起こしたことのある車だった時などには、値がつくかどうか考えることもあるでしょう。次に買うのが新車だと分かっているのであれば新車購入時にディーラーに下取りの相談を行うのが、最も確実です。買い取ってもらうのが車買取業者の時には普通の買取と共通で、買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

現行の型で、なおかつ部品が全て純正品である場合は比較的高額で買い取りが成立します。

夜間に車査定を行うと、査定額が上がるのかどうかと言いますと、そうだとは言い切れません。

なぜなら、査定を受ける時間が暗ければ買取業者もより慎重な査定をするでしょうから、想定より逆に、低い査定額になってしまうことだってあります。夜間での現物査定を受けたとして都合よく高い査定額が出たとしても、車についた傷や劣化が消えるわけではありませんから、判明したら最終的には、査定額は減ってしまいます。ですから、都合がつくのであれば、初めから昼に受ける方が良いと思います。車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。しかしまったく売却不能という意味ではありませんから大丈夫です。この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、相応の値段をつけて引き取ってくれます。私の車は以前、事故に遭っており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。

しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。

車の買取をしてくれる業者に修理歴を告げなかったらどうなるでしょうか。

それで後から減額を要求されても気分が悪いでしょうし、裁判沙汰になどされると一大事です。そういったリスクは背負いたくないので、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

車が事故を起こしていた場合、完全に修理をした後に査定をしても、事故を起こす前に比べて査定の値段が大きく低下することを査定落ちと言われます。格落ち、評価損とも言われています。

事前、ちゃんと直して、性能面では特に問題が見られなくても、事故を起こした車といった負の印象だけで査定落ちしてしまうんです。